Mediapp ゲーム攻略めでぃあっぷ | スマホゲームの最新情報をお届けします

【配信前アプリ情報】新作アプリ「スターオーシャン:アナムネシス」配信決定!内容がまだまだ分からないのでねこのひとがスタオーについて語ってみた

スターオーシャン:アナムネシス

スタオー最新作がついに来た!

どうも!ねこのひとです(*ΦωΦ*)
今回は、10月17日に新作発表された「スターオーシャン:アナムネシス(SOA)」について見て行きたいと思います。
ねこのひとはシリーズでは、1~3をプレイして、4はあまりゲームが上手くない姉のバトルを手伝う程度、5はプレイしてません(´・ω・`)
かなり中途半端な知識になってしまっているねこのひとのSO知識ですが、アプリの配信にはかなり期待しています(*´∇`*)ノ

◆アナムネシスのティザーサイト公開!
このティザーサイトは10月14日から公開されていましたが、詳細はほぼ不明でした。
ねこのひとは「スクエニ×トライエース」と宇宙っぽいデザイン辺りで「ひょっとして…」と思いながら、SO5のフィデルとミキが登場した時に「これはスターオーシャンで間違いない!」とワクワクしていました(*´∇`*)ノ

【ティザーサイトはこちら】

現在は「SO1」のラティとミリー、「SO2」のクロードとレナ、「SO3」のフェイトとソフィア、「SO4」のエッジとレイミ、「SO5」のフィデルとミキが登場しているので、歴代シリーズが全員集合するタイプの、ファンなら期待せずにいられない作品になるのでは!と今から配信日が待ち遠しいです!

「スターオーシャン」とは!

ここから先はねこのひとの中途半端なスタオー知識をまとめてみました。
申し訳ないことに4,5はほぼ知らないので、今回は紹介しないでおきます(;´-∀-`)ゞ

◆スターオーシャンとは
そもそも「スターオーシャン」というのは、トライエースが開発したRPGです。
発売はエニックス(現スクウェア・エニックス)ですね(*´∇`*)ノ
シリーズの1作目である「スターオーシャン」で「トライエース」が好きになったのですが、実はトライエースはもともと「テイルズオブファンタジア」を開発したチームだったので、当時は似てる!と噂になってましたね…ねこさんの年齢は気にしないように(*ΦωΦ*)

スーファミ

テイルズは「ファンタジー」の世界ですが、スタオーは「SF」がテーマの大元になっていて、そこから「ファンタジー」も融合してきます。

◆シリーズの目玉は「スキルシステム」
シリーズで一番面白いシステムはやっぱり「スキルシステム」ですね!
他のゲームにもよくある「戦闘スキル」「奥義スキル」ももちろんありますが、「通常スキル」で「包丁」「レシピ」「目利き」を上げれば料理が作れるようになる、などのアイテムクリエーション機能にかなり夢中になりました…それこそシナリオそっちのけで料理とか鍛冶ばっかりしていたこともあります。

◆全キャラクターを仲間にできるわけではない
RPGでは、仲間にできるキャラクターが多いものがよくありますが、このスターオーシャンでも登場キャラクターはたくさんいます。
ねこのひとは、全キャラコンプリート!が好きなタイプなんですが、スタオーシリーズでは1~3のタイトルでは全キャラを同時に仲間にすることが出来ないのです…!(=;ω;=)
例えばシリーズ1作目では4人の固定メンバーの他に、4人まで仲間にすることが出来ますが、登場キャラクターは4人以上存在するのです…!
他にもこのキャラクターを仲間にしてしまうと、特定のキャラクターは仲間にすることが出来なくなる、など小学生心にかなりの苦悩を生んでくれるシステムでした…(;゚∀゚)

「スターオーシャン」「スターオーシャン1 First Departure」

シリーズ一作目の「スターオーシャン」は、スーパーファミコンで発売されて、約10年後にPSPでリメイクされて「スターオーシャン1 First Departure」が発売されました。
ねこのひとは小学生の時にスーファミでプレイしていた作品ですね!

SO

ストーリー的には「惑星ローグ」という未開惑星に済む主人公のラティとミリーは、石化病にかかった親友のドーンを助けるために、地球から宇宙船に乗ってやってきたロニキスとイリアと一緒に、ワクチンを求めてタイムスリップして大冒険…という内容です。
ラティ達は尻尾の生えたフェルプール族、ということで可愛い!と思ったり、翼の生えたフェザーフォルクという美男美女が出てきたり、キャラクターも魅力的でしたね(*´∇`*)ノ

ヨシュア

ねこのひとはヨシュアとエリス、ペリシーが好きでした!ねりちゃぎっ!

「スターオーシャン セカンドストーリー」「スターオーシャン2 Second Evolution」

シリーズ二作目は、プレイステーションとPSPで発売されています。
物語は前作の20年後のお話で、主人公の「クロード」は前作の仲間「ロニキス」の息子さんです。
主人公は「クロード」「レナ」のどちらかから選べて、物語の本筋は同じですが、視点が変わります。
ちなみにクロードを選ぶと、仲間の一人である「ディアス」は絶対に仲間になってくれません(´・ω・`)
ヒロインが「拳」を武器に戦うという点も見逃せません(OvO)

SO2

ストーリーは、惑星ミロキニアを調査中のロニキスについて来ていたクロードが、未知の機械に触れて惑星エクスペルという知らない場所に飛ばされて、出会ったレナや仲間と一緒に世界を救う旅に出る、という内容です。
本作ではアイテムクリエーションやプライベートアクションなど、やり込み要素があり過ぎて中々進まないのが特徴ですが(笑)、隠しパラメーターとして「好感度」が存在します。
この好感度によってカップリングEDが発生するということで、何周クリアしたことか(;゚∀゚)
セーブデータをクロード編・レナ編で分けて、仲間にするキャラクターも別パターンで色々作って…ってやりましたよね?(´・ω・`)
ねこのひとはアシュトンが好きでしたね!情けないのに強いタル好き!

「スターオーシャン Till the End of Time」

本当はスターオーシャンの3作目は「スターオーシャンブルースフィア」というゲームボーイの作品がありますが、今回はこちらを「SO3」として紹介します(´・ω・`)
こちらは前作から約400年後のお話です、地球人の「フェイト」「ソフィア」が保養惑星ハイダでバカンス中に宇宙船が攻撃を受け、カプセルへ宇宙へ脱出してフェイトのみが未開惑星に不時着します。
そこで「クリフ」に助けられて宇宙船で未開惑星から脱出するものの、またまた攻撃を受けて別の惑星へ不時着…というなんとも主人公が不運なストーリーです(;゚∀゚)

SO3

この作品からバトルシステムが大きく変わり、バトルフィールドが3DCGで描画されて、フィールド上を結構自由に駆け回れるようになります(*´∇`*)ノ
アイテムクリエーションも、パーティメンバーだけでなく、クリエイション専用キャラクターも登場したりしてもうこだわり始めたら止まらなかったですね!
ねこのひとは「クリフ」と「アルベル」が好きでした!(*ΦωΦ*)

「スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-」「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」

正直なところ、ねこのひとは「SO4」は姉のバトルの手伝い程度のプレイで、「SO5」はほぼわかりません。
ですが「SO4」は「SO3」のバトルシステムがさらに進化して、グラフィックもかなり綺麗になっていました。
リムルちゃん、という小さい女の子とメリクルが好きでしたね(*´∇`*)

サラ

その他のねこのひとの「SO4」の記憶は、姉から「アーツコレクションのためにバトル中に飛べないフェザーフォルクのメガネお姉さん「サラ」をひたすらジャンプさせていてくれ」というお願いを受けてひたすらジャンプしていたことが記憶に濃厚に残り過ぎて…あれはいったい何だったのでしょうか(=;ω;=)

新作「アナムネシス」に期待!

さて、ここまでかなり中途半端なスタオー知識を語ってきましたが、スターオーシャンは「やり込み要素が高い」という点と、フェザーフォルク、フェルプール、メノディクスなどの様々な種族が登場する、という点でかなりねこのひとが好きな要素が盛りだくさんなシリーズなのでかなり楽しみです!
さらに、スターオーシャン3で登場した「レナス」「フレイ」のようにヴァルキリープロファイルシリーズとの繋がりも深いので、アプリ「ヴァルキリーアナトミア」とのコラボも期待して良いんじゃないでしょうか!!(*>∀<*)ノ
と、色々自由に期待をしながら次回情報の10月20日を待ちましょう(*ΦωΦ*)

【ティザーサイトはこちら】

タイトル スターオーシャン:アナムネシス
ジャンル 不明
対応OS iOS
Android
価格 不明
配信日 不明

この記事を書いたライター

ねこのひと
ねこのひとTwitter:@neko_ovo_nohito
ゲーム・PC・猫をこよなく愛する「めでぃあっぷ」編集部のライター「ねこのひと」です(*ΦωΦ*) RPGからアクション、パズル、シューティングまで色々やります! 好きなゲームは「聖剣伝説」「ゼノギアス」「ヴァルキリープロファイル」「サガシリーズ」など年がばれる! ぷよぷよのシェゾの話になると目の色が変わります。

カテゴリ - ねこのひと編集部コラム

キーワード - スターオーシャン:アナムネシス攻略日記