Mediapp ゲーム攻略めでぃあっぷ | スマホゲームの最新情報をお届けします

【オオカミ姫】約3ヶ月間プレイしてきたねこのひとが思う、「オオカミ姫」の良いところ・気になるところをまとめてみた!

オオカミ姫

オオカミ姫は、やっぱりやればやるほど新たな発見が…!

どうも!「一騎当千・団長」が当たらなかったことが悲しくて、自分で団長を描いてみて更に虚しくなったりしたねこのひとです(*ΦωΦ*)
前回は「オオカミ姫」で新たに実装されたバトルコンテンツ「レイドボス」について紹介しました。
今まで「オオカミ姫」でそこそこのプレイ記事を書いてきましたが…なんと、今回で16回目にまで到達していました!(*ΦωΦ*)
それでもまだまだ書き足りないことがかなりあって、「あれも書きたい」「これも書こう」となるアプリはやっぱりプレイしていて楽しいですね(*´∇`*)ノ

そこで今回は、ねこのひとがここまでプレイしてきて、「オオカミ姫」というアプリについての「良いところ・気になるところ」についてお話してみようと思います!
団長のイケメンっぷりについてもまだまだ書き足りてないですからね!…それは別にいいですか?(=;ω;=)

【前回の記事はこちら】

◆やはり上位ギルドは動きが違う…!
そんなオオカミ姫での最近のギルバトで、「相手ギルドのサポート上手ッ!!」という体験をしました…!
妨害で言うと、ギルド全員で「チェイン移動」をしていると、「次はこの人がここにきてチェインを繋げるだろう」ということが段々分かるようになってきます。
それはつまり…経験豊富なギルドだと「相手ギルドのチェイン移動も予測できてしまう」ということで、「ここに妨害が来ると困る!」と思う部分に的確に妨害をしてくるのです…
援軍では、「属性ブレイク」を狙って弱点属性の部隊に攻撃をしかけると「属性レジスト」が発生する援軍が高確率でついていて、弱点を突くどころか迎撃によって弱点を突かれることにヽ(;´Д`)ノ

弱点

やっぱり戦術は、「相手より早く動く」「相手の裏を書く」ことも重要だと思わされたバトルでしたね!(*`д´)b
私もそれを見習って、自分が「レンジ」の時は「ストライク」の味方の前にテクニカルの敵軍が迫って来た時に、自分が「テクニカル」の時は「レンジ」の味方の前にストライクの敵軍が迫って来た時に援軍に行けるように注意しています!

「オオカミ姫」全体を見て、ねこのひとが思う良いところ・気になるところ

ねこのひとがプレイしてみたオオカミ姫の印象について、まずは「キャラクター」や「基本システム」などのオオカミ姫の全体部分について見て行きたいと思います(*´∇`*)ノ

【良いところ】
◆キャラクターが全体的に魅力的!
オオカミ姫のキャラクターは、普通の人だけじゃなく「メカ系」「悪魔」「天使」「けもみみ」と多方面をカバーしてくれているのがいいですよね!
しかも、そのキャラクター達が全部可愛い、カッコいい、渋い…と魅力たっぷりなのがイイです(*>∀<*)ノ
SRにも可愛いキャラクターがたくさんいるので、UR狙いでガチャを引いてSRだけでも正直そこまでガッカリしないです。

SRユニット

いや、もちろんURが出てくれた方が嬉しいんですが…(ΦωΦ;)
SR以下のユニットにも強力な奥義・ステータスを所持した子は沢山いますからね!
コスト不足で編成できない時の強い味方ですd(・ω・´*)

◆ガチャが引ける機会が多い!
オオカミ姫のガチャには「オーブ」「ムーン」「ガチャ剣」など、さまざまなガチャに使用出来るアイテムが用意されていますが、この中でも「オーブ」「ガチャ剣」の配布頻度が高くて本当に嬉しいです!(*´∇`*)ノ
特に「オーブ」は期間限定で開催される「初回割引キャンペーン」で、通常は10連を引くために45個必要なところが25個で引けてしまうので、結構な回数10連ガチャが出来ちゃうんですよね!

初回割引

ねこのひとの持っているURユニットは、そのオーブによる10連ガチャで当たったものが多いので本当に感謝です…(=;ω;=)
やっぱりどんなゲームアプリでもプレイしていると「ガチャが引きたい!」と結構思うので、この欲求がストレスなく満たされやすいアプリだと思います♡

【気になるところ】
◆オオカミ姫の一部ユニットは、キャラボイスがついてるんです!
この「キャラボイス」は気になるところというよりは、もっと欲しい!と思うところです(*ΦωΦ*)
実は意外と知られていないのではないかと思っているのですが、「オオカミ姫」のユニットは一部だけですがキャラクターボイスがついているユニットが居るのです!
例えば、ログインを続けていれば誰もが貰える「狼姫ヴォルホワイト」!
この子のユニット詳細画面で、画面の中央右に表示されている「虫眼鏡マーク」をタップしてみてくださいd(・ω・´*)

ボイス

プロフィールの上側に「Voice」の表示があるのが分かります。
この「Voice」ボタンをタップすると…「狼姫ヴォルホワイト」が固有のセリフを喋ってくれるんですよ!(*>∀<*)ノ
ヴォルホワイトちゃんを持っている人なら知っておかないともったいないです!
他にも「創世の龍人ドラク」「真理の童神ハイニャ」などのユニットはVoiceが実装されているので、持っている人は聞いてみてください(*ΦωΦ*)

ボイスつき

もちろん、この他にもボイスが実装されているユニットは居ますし、これからもボイスが増えて行く予定ということなので、チェックしてみましょう!
ねこのひと的には、この「キャラクターボイス」はもっと前面に押し出していくと可愛い声が沢山聞けて嬉しいですね(*´∇`*)ノ
「固有必殺技」発動時に声が聞けたりすると盛り上がりそうです!
団長のボイスはマダカナー?(*ΦωΦ*)

◆最大限界突破でイラストが豪華になったリ…?
オオカミ姫のユニットは「限界突破」をすることでステータスをかなり強化出来ます!
限界突破を一度もしていないユニットと、最大限まで限界突破を行ったユニットではその違いはもはや別のユニットでは!?と思うほどです…!(ΦωΦ;)

ウルド

同じユニットを所持している人でも、やっぱり最大限まで限界突破を行うと愛着も違いますし、好きなキャラなら尚更です!(*>∀<*)ノ
そんな時に「最大限界突破でユニットイラストが一段階豪華になったりしないかな…?」と思う時があります。
最大まで限界突破すればイラストが変わるんだああああ!と思うと、同じ「限界突破」でも目指すやる気が違いますよね!
アイコンの枠だけでも変わるといいな、と思うんですが、正直ねこのひとは「UR」の最大限界突破状態をまだ見たことないので、違いがあるのかどうかもよく分かってないんですが…(ΦωΦ;)

◆「オーブ」「ムーン」を使い分けたい!
「オオカミ姫」では、ガチャやアイテムの購入、ユニットの所持枠解放などに「オーブ」「ムーン」を消費します。
オーブとムーンの違いとしては、オーブはログインボーナスやランクアップボーナスなど様々な場面で貰うことが出来るもので、ムーンは主にいわゆる有料のアイテム、という感じです(*ノ・Д・)ノ
そんな「オーブ」と「ムーン」ですが、ねこのひとの中ではオーブはガチャ用、ムーンは所持枠拡大やアイテム購入用、など「使い分け」が密かに決まっているのです。

オーブで購入

ねこのひとはガチャが大好き!なので、なるべく沢山ガチャ引きたいので「オーブ」はキャンペーンの時まで取っておきたいタイプなのですが…
ユニット所持枠を広げたい時やアイテムを購入したいとき、「ムーン」も「オーブ」も必要な数だけ持っている時は優先的に「オーブ」が消費されてしまうのです(´・ω・`)
なので、「オーブ」が貰えた時にはなるべく「メッセージ」から取り出さずに保管しておいて、アイテムが購入したくなった時は「ムーン」を購入して、初回割引ガチャが来た時に「オーブ」を受け取るようにしています。
ですが、ねこのひとは結構忘れっぽくて大雑把なので、ついついメッセージのアイテムを「一括受取」してしまうので、使い分けが出来るようになったら嬉しいですね(;´-∀-`)ゞ

「クエスト」に注目した、ねこのひとが思う良いところ・気になるところ

オオカミ姫のクエストは他のアプリではなかなか体験できないタイプのバトルシステムなので、新鮮で楽しいです!
正直な部分を言うと、もっとイベントクエストのユニットドロップ率をアップしてくれたらいいのになー…とは思いますが、みんな同じUR持ってても楽しくないですよね!(;´-∀-`)ゞ
難しいところです。

【良いところ】
◆シューティングとディフェンスゲームを組み合わせたバトルが新しくて面白い!
ゲームアプリのバトルシステムは、正直なところ…似たり寄ったりなものが多いですよね(;´-∀-`)ゞ
でも、この「オオカミ姫」のバトルシステムは他にない「シューティング」+「ディフェンスゲーム」という所が新鮮です!

ゲームシステム

最初オオカミ姫のバトルシステムの説明を聞いて、「シューティングとディフェンスゲームが同時にプレイできるってどういうことだろう…」と正直悩みました(;゚∀゚)
しかし実際にプレイしてみると、「シューティング」の敵を迎撃する部分と、そこで打ち漏らした敵を「ディフェンス」でガードする部分がシステムとして合っていて驚きました!
時々「このシステムとこのシステムは別々の方が絶対に良かったんじゃ…」と思ってしまうアプリに出会うこともありますが、オオカミ姫は難しい操作もなく、カンペキでしたね(*´∇`*)ノ

◆ただ強いユニットを組めばいいわけではなく、戦略も大事!
色々なゲームでバトルをしていると、出会う敵がものすごく強くてどうしようもないものもありますし、とにかく「強い」と言われているキャラクターを適当に詰めておけば楽に勝てるものもありますよね。
敵が強すぎるのもキツイですが、強いキャラクターを連れて行けば余裕で勝てるタイプのゲームは結構「飽きる」のが早いように思います(´・ω・`)
どんな相手でもとりあえず強いキャラクターで敵を倒せばいい、という同じことの繰り返しなわけですからね(;´-∀-`)ゞ
「オオカミ姫」はその点、URを詰め込んだところで属性が不利な時は結構危ない状態に陥ることもあるので、プレイが「適当」になりづらく、新しい敵が現れる度に色々な戦略を考えたくなるのが楽しいです。

編成

ある程度強いユニットは必要な部分ももちろんありますが、属性や戦い方に注意していれば意外と勝てることが多いです。
ランクをかなり上げても、コストによって「URユニット」を全ユニット枠に詰め込めるわけじゃない所も重要ですね!
SRやR、Nのユニットでも色々な使い道があるというバトルが出来るゲームはなかなか珍しいような気がします(*´∇`*)ノ

【気になるところ】
◆「ナイツ」のポジションをもっと活用したい!
バトルの「ディフェンス」の部分を担う「ナイツ」ですが、もう少しこのナイツ達の活躍場面も増えるといいかも!と思います。
「ディフェンスゲーム」なので基本的に操作できないのは普通ですが、例えば条件によって「復活」出来たり、必殺技よりお手軽な「一定時間強化」とかのシステムがあればもっと幅広くなるのではないかと(*ΦωΦ*)

ナイツ

ですが、そうなってくるとやっぱり「このユニットを持っていれば勝てるけど、持っていない人は厳しい」という状態に陥りやすいような気もするので難しいですね(´・ω・`)

◆クエストに挑戦する前に、簡単な情報が見られると嬉しい!
他のクエスト形式のアプリでは、クエストに挑む前に「どんな属性の敵が多いのか」「どんな種類の敵が出てくるのか」「ドロップするアイテムの主な種類」などが表示されているものが多いです。
オオカミ姫では「クエスト詳細情報」があまりないので、クエストのタイトルとその内容を一致させるのが少し難しい時があります(;´-∀-`)ゞ

ドロップアイテム

プレイを進めていると姫装備やアイテム精製などで必要な様々な素材を集めるのがメインになる時もあるので、「主なドロップアイテム」だけでも事前に分かるとAP消費が無駄にならなくて助かりますね(*´∇`*)ノ
ですが、クエストを周回していると結構どのクエストでも色々な素材が手に入るので、みなさんあまり気にしていないかもしれないですね(*’ω’*)

メインコンテンツ「ギルド」「ギルドバトル」での、ねこのひとが思う良いところ・気になるところ

ねこのひとはゲームが特別上手いというわけでもなく、他人の目が気になるタイプなのであまり「ギルドバトル」のような他の人と協力する系のものが苦手な方なのですが、そんな私でもかなり楽しませて貰っている「オオカミ姫」のギルドバトルについて見てみたいと思います(*´∇`*)ノ

【良いところ】
◆とにかく「プレイしていて楽しい!」
他の人と一緒にゲームをする上で、やっぱり一番大事なのは「楽しい」かどうかだと思います(*´ω`*)
オオカミ姫のギルドバトルは、弱い人も活躍できるし、強い人も他の人のサポートがあることでもっと楽しくなるのでバランスがかなりイイですよね!
みんなで協力して強い相手に勝てた時はかなり嬉しいもので、それに応じてメンバーさんとの会話も増えて、もっと上手く連携するために更に盛り上がる、という流れが完全に出来ています(*ΦωΦ*)

会話

逆に、一人だけ強くてもどうしようもない、というのもポイントです。
「みんなとやれば強い」というのが他のプレイヤーと遊ぶシステムのゲームは重要な部分なので、オオカミ姫のギルドバトルはみんなと遊ぶのにはかなりおススメ出来るゲームだと思います(*´∇`*)ノ

◆毎日プレイしていても飽きない!
同じギルドバトル、更には同じギルド相手でも戦うたびに状況が毎回変わります。
「ギルドバトルってそういうものじゃない?」と言われればそうかもしれませんが、自分で設定出来る奥義とは別に使える「ランダム奥義」が存在したり、初期配置がいつも違っていたり、初ターンの「前衛」「サポート」ポジションも毎度バラバラだったりと「全く同じ状況」でバトルが開始しないことがオオカミ姫のギルバトのポイントではないでしょうか!

ランダム

もちろん、他のゲームのギルドバトルをそう多くは体験したことがない私が言ってもあまり説得力はないのですが、「こうすれば絶対に勝てる」というものがないのはPvsPのシステムが長く続けられるポイントだと思います。
いつも同じ状況だと、勝つ方も負ける方も飽きてしまいますからね(;´-∀-`)ゞ

【気になるところ】
◆ギルドに所属していなくても「ギルバトレッスン」が見たいという声も!
「オオカミ姫」のメインコンテンツとしてユーザーさんに大人気の「ギルドバトル」!
このギルドバトルは、ルールを理解するまでは少し難しい部分もありますが、分かってくると夢中になって、毎日ギルバト開始時間にはメンバーみんなが5分前集合して挨拶を交わしたりバトル中も会話が絶えない日々が普通になったりしてきます(*´∇`*)ノ

挨拶

そんな「ギルバト」初心者の心強い味方となる、ギルバトのチュートリアルを体験できる「ギルバトレッスン」はギルドに所属するまで見られない…という声を聞きました(´・ω・`)
ギルバトに参加する前の「ギルドへの所属」も、初心者にとっては「どこに所属しよう」「一回所属してしまうとすぐに抜けるのも悪いし決められない」という悩みでいっぱいなのではないでしょうか。
そんな時に「ギルバトレッスン」で、ギルバトを体験してみると「ギルバトが楽しそうだから早くギルドに所属したい!」という気持ちに変わっていったりするのではないかなーと思います(*>∀<*)ノ

レッスン

ギルバトレッスンについては他にも、これまで1日3回そこそこの回数ギルドバトルに参加してきたねこのひとですが、もう一度初心に戻って勉強したい!と思う時があります
ですが「ギルバトレッスン」は、一度見るともう表示されず、見ることが出来ないのです…(=;ω;=)

ギルバトレッスン

ギルバトについてもう一度復習し直したり、初心者さんが「ギルバトレッスン」を受けた後に「ここがよく分からなかったので質問したい」と言われた時に、どの部分かが上手く伝わらなかったりするので、ギルバトレッスンは何度でも受けられると嬉しいですね!

◆練習できる所が欲しい!
ギルバトレッスンでルールを学んでも、実際のギルドバトルに挑戦すると、相手も自由に動くし制限時間もあるのでかなり焦って結局何もできずに終わってしまう…ということが続いてしまうと、次のバトルに挑戦する自信がなくなる人もいるのではないかと思います。
そんな中、私が所属しているギルドのギルマスさんは非常に優しい人で、初心者さんにも実際のギルバト中に丁寧に説明してくれます(*´∇`*)ノ
ギルバトの相手が弱い時や誰もログインしていない時には、その時のギルバトフィールドは「初心者レッスン場」と化して「移動」「応援」「攻撃」など一つ一つ指示を出しながら実際に行動させてあげていて、そんなマスターさんのレッスンに周りのメンバーさんも丁寧に補足説明を始めてくれるのです…優しい(=;ω;=)

初心者説明

そんな機会に巡り合える人は「慣れてきたしもっと頑張ろう!」という気持ちが強くなりますが、周りにそんな人がいなかったり、練習時間を取れる場所が必ずあるとは限らないですね(´・ω・`)
なので「ギルバト練習場」のような、例えば自分一人でギルバトの行動を試す場があったり、ギルマスさん・サブマスさん権限でいつでも開催できる練習の場があれば、初心者さんももっと積極的に楽しめるのではないかな!と思います(*´∇`*)ノ

でもやっぱりまずは、それぞれが「恐れずに行動してみること」が大事だと思います(*ΦωΦ*)
最初は前衛に出るのが怖いですが、いつの間にかねこのひとの様に「やられても不死鳥の如く何度も蘇る(そして即やられることが多い)」と、ガンガン前衛に出られるようになりますし、サポートも繰り返せば上手く出来るようになりますよ!(*´ω`*)

タイトル オオカミ姫-ウソとホントの物語-
ジャンル シューティングディフェンスRPG
対応OS iOS
Android
価格 基本プレイ無料(一部アイテム課金)

この記事を書いたライター

ねこのひと
ねこのひとTwitter:@neko_ovo_nohito
ゲーム・PC・猫をこよなく愛する「めでぃあっぷ」編集部のライター「ねこのひと」です(*ΦωΦ*) RPGからアクション、パズル、シューティングまで色々やります! 好きなゲームは「聖剣伝説」「ゼノギアス」「ヴァルキリープロファイル」「サガシリーズ」など年がばれる! ぷよぷよのシェゾの話になると目の色が変わります。

カテゴリ - ねこのひとオオカミ姫プレイ記事特集

キーワード - オオカミ姫 ウソとホントの物語プレイ記事

デレステ
【編集部プレイ動画】デレステの新イベント「LIVE Groove Vocal Burst」で新登場の楽曲「夢色ハーモニー」ひとまず難易度MASTERに挑戦
ブレアカicon
【編集部プレイ】現在聖剣3とコラボ中!聖剣大好きな「ブレイブリーアーカイブ」初心者が美獣イザベラに挑戦!
51011
【編集部プレイ】「ダウト」ホワイトデーイベントのネタバレプレイ!「訳アリ!?ラブギフト~贈り主を突き止めよ!~」Stage1指輪を贈った人はこの人!
戦の海賊1
【編集部プレイ】「戦の海賊」の「対人戦」はいつから行けばいいのか?センノカプレイ日記! 記事:せせり
turi
【編集部プレイ】おさかな食べたいねこのひとが「みんなの釣りバカンス」でリゾート気分に浸りながら釣りに挑戦してみた!
戦魂
【編集部プレイ】ねこのひとが「戦魂-SENTAMA-」で、武将を効率よく強化出来る「強化姫」入手を目指して「姫奪還戦【参段】」に挑戦!Sランククリアのコツもご紹介!
エレメンタルストーリー
【編集部プレイ】「エレメンタルストーリー」の初心者の進め方!サクサクでわかりやすいパズルRPG 記事:せせり
devine11
【編集部プレイ】ゲーム中毒者が『DIVINE AGE』をプレイ!ギリシャ神話の俯瞰アクションMMORPG!
playstore-icon-300x3002-300x3003-300x300
【編集部プレイ】MiMiが贈る新作アプリ「新約アルカナスレイヤー」が先行リリース!注目タイトルのチュートリアルをプレイしてみた!
プラチナトレイン
【編集部プレイ】運転士成長型RPG「プラチナ・トレイン(プラトレ)」がついに正式リリース開始!まだまだ初心者のねこのひとがゲームで遊べる様々な機能をご紹介!
ぷよぷよ-300x3003-300x3002-300x300
【編集部プレイ】ねこのひとが「ぷよぷよクエスト」の「激闘!魔王の翼 第1層」ステージ4、5に挑戦してみた!【後編】
シノビナイトメア2
【シノビナ攻略日記】1日1回のみ挑戦可能!「憂鬱の境界線」高難度エクストラステージ4のマップ構造を攻略!【ねこのひと】
icon111
【編集部プレイ】ねこのひとがリリースされたばかりの最新作「ぷよぷよタッチ」でシグスタンプゲットを目指す!
ゆるドラシル
【編集部プレイ】ねこのひとが「ゆるドラシル」で板チョコ集めとディスガイアコラボの「ヘル」集めの両立を頑張ってみた。
10511111
【マイクラPEプレイ日記】生き抜けスティーブ!Part:13~新バージョン0.14リリース~